一工夫加えることで可能性が無限に広がる化粧箱は専門業者で作成可能

プレゼントボックス

レストランの持ち帰り用商品の化粧箱は手提げタイプで宣伝効果UP

小さな化粧箱

レストランで、お店で出しているメニューを一部お持ち帰りできるお店がよくあります。食品なので、密閉できるパウチに入っていたり、瓶や缶製品の場合もありますし、或いは、お店で作りたての料理を持って帰ることが出来る場合もあるでしょう。いずれの場合も、手提げタイプの化粧箱を使用して、デザインに一工夫加えることで、お店の宣伝に使える可能性があります。
レストランのお持ち帰り用の化粧箱として、手提げタイプはよく使われます。ただ、お店のロゴが入っているだけだったり、無地の化粧箱にシールが貼ってあるだけだったりと、折角の手提げ化粧箱を上手く活用できていない場合が多いです。手提げタイプの化粧箱は、バッグなどに入れず、箱のままお客さまが持ち歩くわけなので、これを利用しない手はありません。化粧箱を専門通販で購入する時に、美味しそうなイメージが伝わるデザインのものを、特別に制作してもらいましょう。
例えば、お店のメニューをイラストにして、化粧箱全体に奇麗にレイアウトしてもいいでしょう。イラストの代わりに写真を使うのもいいですし、イラストと写真のコラージュも面白いです。専門通販では、デザインの提案をしてくれる業者もありますので、自分でデザインを用意するのが難しければ、気軽に相談してみましょう。

お店の宣伝になるようなブランドイメージに合う化粧箱を選ぼう

商品の宣伝をする場合、その商品の魅力や、その商品を持つことのメリットを伝える広告、宣伝を打つのが普通です。画像を使う場合は、その商品のおいしさ、美しさ、ユニークさなどを強調したデザインを考案しますし、映像で宣伝する場合は、その商品の特徴を生かしたショートフィルムを作ったりします。いずれにしても、その商品をお客様が使ったら、具体的に何ができるようになるか、どんな気持ちになれるかを伝えることが目的です。
同じ役割を、化粧箱に持たせるとしたらどうでしょうか。よく、期間限定キャンペーンなどで、化粧箱に露骨に宣伝文句が印刷されているものを見かけます。しかし、そのような特別な場合の宣伝ではなく、その商品を販売する日常の中で、宣伝としての役割を果たしてくれる化粧箱です。それは、扱う商品の内容によって大きく異なりますが、一つ言えることは、「この化粧箱ならあのブランド」と誰もが一目で分かるほど、その化粧箱がブランドイメージにフィットすることが大切ということです。すなわち、それ自体が宣伝になるような化粧箱とは、まずはブランドイメージをしっかり固めるところから考えなければならないということです。
化粧箱を専門通販で購入する場合は、こうした点を踏まえて、適切な商品を選びましょう。イメージに合うものがなければ、オリジナルを制作するのがおすすめです。

アパレルショップで使うギフト包装用の化粧箱を専門通販で探してみよう

アパレルを扱うお店では、通常は、ショップのビニルバッグか紙バッグに商品を入れてお客様にお渡しする場合が多いです。お客様が自分用に買う商品についてはそれで構いませんが、ギフトとして買う衣料品については、やはり特別感を出すためにも、きちんと化粧箱を使ったギフト包装が望ましいです。
とは言え、アパレル用の化粧箱は、なかなか適切なものの選択が難しいかもしれません。今までギフト包装に化粧箱を使ったことがないショップは、専門通販で購入できる化粧箱タイプにどんなものがあるか、まずビジュアルをチェックしてみるといいかもしれません。そうすることで、どんな形、サイズ、デザインの化粧箱があるのか、ハッキリしたイメージを持つことが出来て、どの商品にどの化粧箱を使うか、想像しやすくなるでしょう。専門通販で扱っている化粧箱は、実に様々ですので、商品との組み合わせ方次第では、非常に面白く、人目をひくビジュアルになるかもしれません。そうした場合は、その化粧箱をギフト包装用に限定せず、普段使いにするのもありでしょう。化粧箱入りの珍しいアパレルということで、お客様の間にクチコミで評判が広がり、ヒット商品になるかもしれませんよ。


【誕生日プレゼントにも最適の化粧箱】化粧箱を製作してくれる業者はユーパッケージ。工場から直接生産するので低価格と品質保証が可能です。